ゲーテ先生’18 vol.14 バロック音楽とともに聞く宮沢賢治②

第2回目の今日は、フランスバロック音楽を代表する マルカントワーヌ シャルパンティエ作曲「ソロモンの裁き」をバックに、 宮沢賢治作『どんぐりと山猫』をお送りします。

ゲーテ先生’18 vol.13 バロック音楽とともに聞く宮沢賢治①

第1回目の今日は、フランスバロック音楽を代表する マルカントワーヌ シャルパンティエ作曲「ルソン・ド・テネブレ」をバックに、 宮沢賢治作『注文の多い料理店』をお送りします。

ゲーテ先生’18 vol.12 諦めないで フォーレの晩年

「音楽家として自分の信念を貫きながら、 食べていくにはどうすればいいのか?」 という相談のお便りが届きました。 ゲーテ先生は、この難しい問いに対し、 ガブリエル・フォーレの生涯について話し始めました。 後半の今週は、ガブ …

続きを読むゲーテ先生’18 vol.12 諦めないで フォーレの晩年

教えて、ゲーテ先生’18 vol.11 夢のあとに フォーレの苦悩

「音楽家として自分の信念を貫きながら、 食べていくにはどうすればいいのか?」という相談のお便りが届きました。 ゲーテ先生は、この難しい問いに対し、 ガブリエル・フォーレの生涯について話し始めました。 2週に渡って、ガブリ …

続きを読む教えて、ゲーテ先生’18 vol.11 夢のあとに フォーレの苦悩

教えて、ゲーテ先生’18 vol.10 ベートーベンと交響曲

ゲーテ先生とベートーベンの対談が実現しました。 ベートーベンが、どうして交響曲を9曲作ったのか。 そして、最後の第九で、シラーの詩を、 合唱として歌わせたほんとうの意図とは。 ベートーベンに、ゲーテ先生が迫ります。