教えて、ゲーテ先生’18 vol.18 ルンバとソング?(ゲーテ先生と珈琲マンボ!!③)

オペラ「カルメン」のアリアとして知られる「ハバネラ」は、キューバ音楽です。
そこからフラメンコと混じり、タンゴが生まれました。
のちに、ソンが生まれ、ルンバが生まれました。
日本でも戦後、ソンやルンバをカバーして大ヒットしました。