ラジオ「ゲーテ診療所」vol.5 ウエストサイドジャズについて

ニューヨークを中心としたイーストコースト(東海岸)とは一味違う、 ウエストコースト(西海岸)独自のジャズムーヴメントがまき起こり、 それは、軍事景気、映画産業景気にわくウエストコーストの現象と共に、 1950年代を象徴す …

続きを読むラジオ「ゲーテ診療所」vol.5 ウエストサイドジャズについて

ラジオ「ゲーテ診療所」vol.4 モダン・ジャズの幕開け

今日は、ビバップの誕生、モダン・ジャズの幕開けを牽引したチャーリー・パーカーを紹介します。 彼はこう言っています。 “音楽は、自分自身の体験、思想、そして英知だ。 そういう生活を送っていなければ、音楽はサックスから出てこ …

続きを読むラジオ「ゲーテ診療所」vol.4 モダン・ジャズの幕開け

ラジオ「ゲーテ診療所」vol.2 今週もジャズの世界へ

ポピュピラージャズの草分けとなったルイアーム・ストロングに引き続き、 今週はビッグ・バンド、デューク・エリントン楽団を取り上げます。 そしてビッグ・バンドの定番、グレン・ミラー楽団による ムーンライト・セレナーデ、イン・ …

続きを読むラジオ「ゲーテ診療所」vol.2 今週もジャズの世界へ

ラジオ「ゲーテ診療所」vol.1 ジャズの成り立ち

「ゲーテ診療所」は、新しい音楽を作ろうと考えています。 古き良きもののなかにそのヒントを求めます。 今回は、ジャズの成り立ちをご紹介していきます。 アメリカで生まれたジャズは、ラグタイムからスイングジャズへと変化しました …

続きを読むラジオ「ゲーテ診療所」vol.1 ジャズの成り立ち

教えて、ゲーテ先生’18 vol.19 ウ~、マンボ!(ゲーテ先生と珈琲マンボ!!④)

マンボとは、キューバ民謡をアフリカ原住民の 音楽のリズムに結びつけたダンスの歌曲のことです。 ソンをベースに、早く軽快にしたものです。 それを世界に広めたのが、マンボ王と呼ばれるペレス・プラードでした。 三人娘の活躍によ …

続きを読む教えて、ゲーテ先生’18 vol.19 ウ~、マンボ!(ゲーテ先生と珈琲マンボ!!④)

教えて、ゲーテ先生’18 vol.18 ルンバとソング?(ゲーテ先生と珈琲マンボ!!③)

オペラ「カルメン」のアリアとして知られる「ハバネラ」は、キューバ音楽です。 そこからフラメンコと混じり、タンゴが生まれました。 のちに、ソンが生まれ、ルンバが生まれました。 日本でも戦後、ソンやルンバをカバーして大ヒット …

続きを読む教えて、ゲーテ先生’18 vol.18 ルンバとソング?(ゲーテ先生と珈琲マンボ!!③)