教えて、ゲーテ先生’18 vol.19 ウ~、マンボ!(ゲーテ先生と珈琲マンボ!!④)

マンボとは、キューバ民謡をアフリカ原住民の 音楽のリズムに結びつけたダンスの歌曲のことです。 ソンをベースに、早く軽快にしたものです。 それを世界に広めたのが、マンボ王と呼ばれるペレス・プラードでした。 三人娘の活躍によ …

続きを読む教えて、ゲーテ先生’18 vol.19 ウ~、マンボ!(ゲーテ先生と珈琲マンボ!!④)

教えて、ゲーテ先生’18 vol.18 ルンバとソング?(ゲーテ先生と珈琲マンボ!!③)

オペラ「カルメン」のアリアとして知られる「ハバネラ」は、キューバ音楽です。 そこからフラメンコと混じり、タンゴが生まれました。 のちに、ソンが生まれ、ルンバが生まれました。 日本でも戦後、ソンやルンバをカバーして大ヒット …

続きを読む教えて、ゲーテ先生’18 vol.18 ルンバとソング?(ゲーテ先生と珈琲マンボ!!③)

教えて、ゲーテ先生’18 vol.17 ゲーテ先生と珈琲マンボ!!②

アルゼンチンのバンドネオン奏者アストル・ピアソラが生み出したリベルタンゴ。 「リベルタ(自由)」と「タンゴ」を組み合わせたリベルタンゴは、 ピアソラの自由な発想がいかんなく盛り込まれています。 従来のタンゴの編成が、ピア …

続きを読む教えて、ゲーテ先生’18 vol.17 ゲーテ先生と珈琲マンボ!!②

教えて、ゲーテ先生’18 vol.16 ゲーテ先生と珈琲マンボ!!①

6月末より上演されるゲーテ診療所シリーズ『ゲーテ先生と珈琲マンボ!!』では、 ラテン音楽を取り上げることになりました。 そこで、今週から、ラテン音楽に注目したいと思います。 今週は、意外な使われ方をしているラテン音楽を特 …

続きを読む教えて、ゲーテ先生’18 vol.16 ゲーテ先生と珈琲マンボ!!①

教えて、ゲーテ先生’18 vol.15 ボサ・ノヴァ誕生

1950年代後半、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロの コパカバーナやイパネマといった海岸地区に住む、 中産階級の学生やミュージシャンたちによって ボサ・ノヴァは生み出された、といわれています。 そのきっかけとなったのは、 …

続きを読む教えて、ゲーテ先生’18 vol.15 ボサ・ノヴァ誕生

「マメコンチェルト オーボエ四重奏」 チケット販売開始

マメコンチェルトのチケットを販売開始いたしました。 今回のマメコンは、オーボエ四重奏を豪華にお届けします。 【オーボエ奏者 和光美苗より】 オーボエ四重奏とは、オーボエ・ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの四重奏です。 弦楽 …

続きを読む「マメコンチェルト オーボエ四重奏」 チケット販売開始

ゲーテ先生’18 vol.14 バロック音楽とともに聞く宮沢賢治②

第2回目の今日は、フランスバロック音楽を代表する マルカントワーヌ シャルパンティエ作曲「ソロモンの裁き」をバックに、 宮沢賢治作『どんぐりと山猫』をお送りします。