ゲーテ先生の音楽会

「ゲーテ先生の音楽会」の過去の公演一覧です。2014年12月から始まったシリーズで、現在も大人気の音楽劇です。

先生、お経を唱える

2019年 9月 vol.14《キャスト》増原英也 渡辺定路 阿部将大 下川明音 木島杏子 岡田和也 少女歌劇団 井川啓央
難病に侵されて今宵限りの命だというヨシホが、ゲーテ先生のもとを訪れます。ヨシホのために歌いたいゲーテ先生に対して、コンプライアンス問題から反対するバンドメンバー。では、「歌う」ことがダメならば、お経を唱えるように「唄う」のは良いのではないか、というゲーテ先生の提案により、一同で般若心経を唱えます。お経とは、本来生きているヒトを励ますためにあるのです。お経を皮切りに、井川啓央の作詞作曲によるオリジナル曲を、ゲーテ先生が歌い上げました。会場の協力により、花道も新設され、お芝居も歌も、より堪能できる公演でした。今回は、幕間や終演後も演出のひとつと捉えて、お茶とお菓子、物販やおみくじなどもご用意しました。  

先生、ニューヨークで歌う

2019年 5月 vol.13《キャスト》増原英也 渡辺定路 阿部将大 下川明音 少女歌劇団 町田警備保障 井川啓央
ニューヨークの音楽プロデューサーであるモッピーヨシミが、ゲーテ先生のもとを3年半ぶりに訪れます。
全米デビューの条件は、「フィール」を感じる歌であること。三ッ星を目指して、ゲーテ先生が日本の唱歌を歌い上げました。今回は、会場のご協力も頂き、お芝居のための舞台スペースが出来ました。音楽重視の公演が続きましたが、お芝居が完全復活となった公演でした。

横濱 Lala linlin

2018年 12月 vol.12《キャスト》増原英也 丸山和範 後藤天太 渡辺定路 金澤力哉 川﨑亮 阿部将大 少女歌劇団 井川啓央

横浜市大倉山記念館ホールでのクリスマスの音楽会でした。 前半のお芝居の舞台は横浜市。 市が募集している開港160年の記念イベントに、ゲーテ先生が和風オペラの企画を持ち込みます。対して、銀行員の良群は、それでは採算が合わないのではないか、と詰め寄ります。 何とも歯がゆい現実を揶揄したお芝居でした。 後半は“THE GOETHE”のバント演奏で、数々のオリジナルソングとクリスマスメドレーを歌いました。 最終日にがらりと台本が変わったため、 千秋楽はゲーテ先生・ヨシノ・少女歌劇団・THE GOETHEによるぶっ通しの音楽会となりました。 公演日によって内容は異なる音楽会でしたが、最後はタイトルにもなっているLala linlinの曲で、 お客さまと一緒に全日盛り上がりました。 ちなみに、この公演では、ゲーテ診療所のイベントに参加して頂くと、 音符のスタンプが貯まっていく「診察券」という名のカードや、 Sクラス特典としての「頓服薬」など、 オリジナルグッズも生まれました。“THE GOETHE”ファーストシングル「Lala linlin」のCD発売も行いました。

銀座の恋のモノガタリ

2018年 9月 vol.11《キャスト》増原英也 丸山和範 渡辺定路 河野瞬 阿部将大 金澤力哉 少女歌劇団 井川啓央

初めての外会場、銀座のコンサートスペースで行いました。前半はお客さまからのお便りを中心としたお芝居、後半は“THE GOETHE”のバント演奏が中心でした。赤色のドレスコードの導入など、観客参加型の音楽会としても新たな試みがありました。ゲーテ先生の音楽会シリーズの大きな転換点となった作品です。

ゲーテ先生と珈琲マンボ

2018年 6月 vol.10《キャスト》増原英也 丸山和範 小畔香子 河野瞬 少女歌劇団 井川啓央

ブラジルのセラードという雨が一滴も降らない不毛地域から、日本に移住してきた、とある三兄弟。本物のラテン音楽を日本で演奏しようと夢を抱いていたが、そこは山間の鄙びた温泉宿。お客さんに、自分たちの音楽やリズムは全く受け入れられない。不本意な日々をおくるなか、長男が突然亡くなってしまい、気が触れてしまった二男のマメコは、空から豆が降ってくる…と繰り返すように。八方ふさがりの現実に、三男のマメスケが頭を抱えていると、ゲーテ先生がやってきて、ラテンと日本を融合した、新しい音楽を生み出せば、お客さんに受け入れられるのではと、ボサノヴァやサンバを日本のリズムにして歌い始める。表拍と裏拍のリズムをいったりきたり、三味線やパーカッションも加わって、無事、賑やかな舞台に。元気になったマメコによる、即興のピアノ演奏が圧巻でした。ちなみに、今回が、閉店してしまった宇田川町店でのファイナル公演でした。千秋楽は3時間を超え、鳴り止まぬ拍手で、ウーダ劇場は幕引きとなりました。

ノクターンはショコラに溶けて

2018年 2月 vol.9《キャスト》増原英也 少女歌劇団 谷川恭子 井川啓央

グリンカのノクターン、そしてショパン、ロシア、ポーランド民謡の世界をモチーフにしたコメディ。国際弁護士ヨシヤさんとポーランドから来たショコラティエ、カチューシャさんの悲しくも甘い物語です。

心よ震え給え、歌声とともに

2017年 7月 10月再演 vol.7《キャスト》増原英也 森祐介 原幸子 井川啓央

再開発が進む街の外れ、シャンソン喫茶・エトワールが舞台。そこにはシャンソニエ、エトワール・ヨシノがいる。彼女は40年間、生きる面白さを歌にしてきた。しかし、再開発の波に飲まれ、いま店は幕を閉じようとしていた。そこに現れたのがゲーテ先生。ボーイのケンキチとともにWEBで、店の集客を促そうと画策する。最後は、先生と観客全員で日本の民謡を歌うことになり、店はハチャメチャになります。

あなたは星になれ

2016年 12月 vol.6《キャスト》増原英也 石田達士 井川啓央

「ゲーテ先生の音楽会」は、お食事や珈琲を楽しみながら、音楽コメディを見る、マメヒコのコメディショーです。台本はあるけれど、毎度そのときどきの空気感を感じ取り、役者さんたちはアドリブを入れつつ演じます。毎日違った雰囲気となり、これぞゲーテの醍醐味。今回は女優のヨシコさんの、離れ離れになった納沙布の幼馴染と再会するはなしです。星にちなんだ歌をたくさん歌いました。ゲーテ診療所のビルの警備員、タツジが大活躍?します。

せんせい闘牛士になる

2016年 7月 vol.5《キャスト》増原英也 二宮芽生 井川啓央

今回はイタリア古典歌曲とビゼー作曲のオペラ・カルメンをモチーフにした「ゲーテ」です。今作では、オペラってなにってことを、わかりやすく紹介する筋立てになっています。登場人物は3人。映画『ゲーテ診療所 とうさんのティラミス』に出てくる津守メイちゃんが、留学先のイタリアから久しぶりに先生を訪れます。メイちゃんの明るく奔放なキャラクターはとっても魅力的。そして、謎のオペラ演出家、ヨフロがかなり強烈で、2時間の舞台のほとんどがアドリブで、めっちゃくちゃになります。「ゲーテ先生」も、様々な表情を魅せて、お客さんは少なかったけど、ゲーテ史上、最高にエキサイティングな舞台でした。

とうさんのティラミス

2016年6月公開 vol.4《主演》増原英也

「ゲーテ診療所 とうさんのティラミス」として、「ゲーテ先生の音楽会」が映画化しました。マメヒコピクチャーズの第3作で、マメヒコ店内やハタケマメヒコが撮影場所となりました。マメヒコの映画祭でのみ、公開されている作品です。

ニューヨークで歌手デビュー

2015年12月 vol.3《キャスト》増原英也 平野勇樹 井川啓央

クリスマス音楽がメインの音楽会です。ゲーテ先生、ヨシヤはもちろん、ニューヨークの音楽プロデューサー、モッピーヨシミが登場しました。ティンパン・アレー、エバー・グリーン、クルーニング。ベルカント唱法で歌う先生を叱るヨシミ。プロの歌手としてやっていきたいなら、もっとマイクをうまく使えと。最後は「硝子の欠片」を即興で作って、先生が歌いました。

せんせいの恋

2015年5月 vol.2《キャスト》増原英也 山本芙沙子 黒田有彩 井川啓央

2回目のゲーテ先生です。春らしいドイツ・リートを歌いました。リートとはドイツ歌曲のことですね。春のうららかな日に診療所のゲーテ先生は、今日も楽しそうにドイツ・リートを歌っている。敬愛するゲーテの詩にモーツァルトが伴奏を付けた「すみれ」。さらにシューベルトやヴェルナーが伴奏を付けた「野ばら」。皆さんが口ずさめるドイツの名曲とともに春のゲーテ先生もタップリと2時間お届けしました。

J.S Bach ☆ christmas

2014年12月 vol.1《キャスト》増原英也 山本芙沙子 井川啓央

ドイツのボンにある教会でのコンサートみたいなことをやろうと思っていました。音楽を通して、コミュニケーションをとる場所が日本には少ないと。そういうことをやろうと思って、バッハのカンタータとコラールを紹介したいねと。けれど、難しすぎてはだめだし、カフェでできることの制約もあるし。なので即興劇を交えて、なんとか二時間、もたせました。

わたしは歌う、あなたのために

2017年 12月 vol.8《キャスト》増原英也 少女歌劇団 井川啓央

ゲーテ先生のクリスマス音楽会。 オランダ国立音楽大学の先生で、ゲーテ先生の友人、ヨッチーニさんが参加します。このヨッチーニさんは、「オーディエンス学」を教えています。 素晴らしいステージミュージックというのは、ステージにいるプレイヤーが作り出すものではなく、かなりの部分でオーディエンスが作るものだと、ヨッチーニさんは考えているので、ゲーテ先生の音楽会に参加する観客を「世界一の観客に育てる」ことを宣言します。はたして、「世界一の観客」になれるんでしょうか。